勉強・資格

【重要】NSCA資格をとった勉強法【テスト申し込み手順も合わせて解説】

悩んでる人
悩んでる人

NSCAの資格を取りたいんだけど、どういう勉強をしたら良いかよくわからないな。未経験でも大丈夫か不安だし、受験までの流れも知りたいな。

この記事ではこのような疑問にお答えします。

この記事はNSCA(CSCS,CPT)資格を取得することを考えている人向けです。

こんにちはショウです。

パーソナルトレーナーになるには必要不可欠な資格。 

しかし、資格取得するのに勉強方法や受験の流れがわからない人が多いでしょう。

そこで僕の経験をもとに解説していきます。

NSCA資格をとった勉強法

実践した勉強方法は参考書を読み、問題集を解く王道スタイル。

何もわからないのでとにかくやるしかないのです。

未経験からとなると、解剖学を初めから勉強しないといけません。

けれども、時間が掛かり過ぎるので、まずは資格勉強用の参考書と問題集を購入しました。

参考書はCSCSとCPTで別なので間違えないようにしましょう。

どれに合わせて問題集も変わるので要注意。

  • cscsなら赤い問題集
  • cptなら緑の問題集

NSCA公式サイトで確認する

勉強法はシンプルで読み込んで問題集の問題を解くというスタイルです。

しかし、範囲も広く闇雲にやっても難易度が上がるだけです。

なので、きちんと勉強すべきポイントを抑えておくのも大切。

勉強すべきポイント

重要なのは写真です。

ここがかなり大切なポイントです。

なぜなら、流し読みしやすく細部まできちんと目を通さないから。

写真はトレーニングフォームやストレッチなど知っているものも多く、改めて細部まで見ようとは思わない。

でもこれが落とし穴。

試験で聞かれた具体例

問題:ステアステッパーでのスタートポジションで、握る位置は上腕骨頭より

1,上 

2,同じ

3,下

これをみたときの率直な感想は「気にしたことない」です。

このようにそんな細かいことまで聞く?というような問題が出題されます。

なので、写真はきちんと目を通しておくのがベストです。

NSCA認定試験ではかなり細かい問題も出題される

このように見落としやすい、気にしないようなポイントまで出題されます。

これでは資格取得できるか不安になってしまいますよね。

トレーニングは好きだけど、勉強は苦手という人もいてますから。

でも大丈夫。

そういう人にはスクールという選択肢もある。

講師のおかげで勉強苦手でも大切なポイントを知れて勉強でき、資格取得がぐっと高まります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

おすすめのトレーナースクール

未経験でも資格は取れる

結論として、NSCA資格は未経験でも取得可能。

社会人の方でパーソナルトレーナーに転職を考えている方に重要なのが、未経験でも取得できるかどうかというポイントでしょう。

実際に僕もスポーツ系の学校に通った経験はありませんが、それでも勉強したことによってCSCSを取得しています。

僕がどれぐらい知識無かったかというと、ハムストリングの筋肉名が答えられないレベルでした。。。 

なので、きちんと勉強すれば資格を取得可能です。

しかし、僕みたいに未経験だと知識がないので勉強はハードになり、時間は少しかかると考えておくのが無難です。

詳しくは別記事で解説しています。

テスト予約方法

テストの予約はNSCA公式サイトのマイページから行います。

ここで注意点。

受験予定日に合わせるために余裕を持って申し込む必要があるということ。

それはなぜか。

テストセンターに受験を認めてもらわないといけないからです。

テストを受けるにはテストセンターにいく必要があります。

なので、テストセンターの予約を取らないといけないのですが、この予約をする為にテストセンターの受験資格承認を受ける必要があります。

そこで予想以上に予約確定まで時間がかかってしまうことも。。。

なので、余裕を持って予約をしておくのがいいのです。

早め行動が一番ですよ。

テスト当日の流れ

テスト当日は開始15分前までに行かないといけないので、余裕を持っていくのをオススメします。

確認の為、身分証明書(免許証でOK)が必要になるので、忘れないように気をつけましょう。

あとは指示に従いテストを受けるのみです。

受験の際はペンや紙を含め私物を何も持ち込めないので、びっくりして焦らないように気をつけて下さい。

ペンとメモは準備されたものを使用します。

意外に計算問題でメモを使うので、先に予備をもらっておくのがオススメ。

試験時間

試験時間はかなり余裕があります。

問題はゆっくり考えて解く時間はあるので、焦らずきちんと問題をこなしていきましょう。

僕もわからない問題はマークつけて進んだりしましたが、戻って回答もできます。

問題を2周ぐらいしましたが、それでもだいぶ時間には余裕があります。

普通に問題を解いていけば時間がなくなることは、あまりないかなと思いますよ。

もし分からなければ、マークつけて後回しにするのが時間節約のポイント。

とはいえ、余裕をぶっこいて一問に時間をかけすぎると後が大変なので、気をつけて。

きちんと本を理解していれば受かる

参考書と問題集をきちんと理解していたら、未経験の知識無しでも受かります。

でも逆にこれをやらないと受からないので、受かるように隅々まで勉強しましょう。

「こんな細かいところ見てなかった・・・」という問題も出ますので、気をつけましょう。

【重要】NSCA資格をとった勉強法【テスト申し込み手順も合わせて解説】:まとめ

NSCAの資格は未経験でも取得可能です。

テストはパソコンなので比較的受験もしやすいです。

受験から試験を受けるまでの流れを簡単にでもイメージできたら、変に焦って失敗をすることもなくなるでしょう。

あとは準備をきちんとしていれば受かりますので、モチベーションを落とさず頑張りましょう。

紹介リスト

-勉強・資格
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,