トレーニング 筋トレノウハウ

マジで痩せないとやばい人へ【解決方法はコレ】

※アフィリエイト広告を利用しています。

悩んでる人
悩んでる人

1年で20kg太ってマジで痩せないとやばい状況になった。これ以上太ったら病気になりそうで怖い。でもどうやって痩せたらいいかわからない。どうしよう。

このような疑問を解決します。

本記事でわかること

本記事の筆者

  • パーソナルトレーナー歴5年
  • フィットネスクラブなどで活動中

ある日、家族に突然「太ったね」と言われて気付いてしまったあなたの肥満体型。

今まで気にもしてなかったのに、鏡越しには醜い姿をした自分がいてショックを受けたなんてことも。

痩せることなんか考えもせずに、好きなものを食べて寝て幸せな時間を過ごしていたのに急に地獄に突き落とされた気分でしょう。

「このままではやばい」と思い痩せようと決意してもダイエットなんか気にしたことなければ、どうやって痩せればいいかわからないものです。

でも大丈夫。この記事ではマジで痩せないとやばいと焦っている人でもできる解決策を現役パーソナルトレーナーの僕が紹介します。

最後まで読んで実践すれば太ったあなたとはおさらばできますよ。

ぜひ最後までご覧ください。

✅痩せるための裏技。

実績豊富なダイエットスキルを持ったプロにお願いするのがおすすめ。

正しいダイエット方法のノウハウがあるから、どうしたらいいかわからなくても問題なし。

あなたは指示されたことをがんばるのみだから簡単です。

詳しくは【無料あり】おすすめのパーソナルジム3店【現役パーソナルトレーナーの僕が厳選】をどうぞ。

マジで痩せないとやばい人へ【解決方法はコレ】

食べずに運動すれば解決します。

つまり消費カロリーを増やして摂取カロリーを管理すればいいだけです。

痩せるためには「消費カロリー>摂取カロリー」にしないとダメ。

大原則を守れずに消費カロリーよりも摂取カロリーがオーバーしている状態が継続されれば、太り続けいずれ病気になるでしょう。

逆にいえばこの大原則をさえ守れれば誰でも痩せられます。

だから痩せるために何をしたらいいかわからないなら、食べずに消費カロリーを少しでも増やすことを意識すればOKです。

痩せるためには普段から基準値を上げて細かいことを意識していくことが大事です。

詳しくは別記事の太りすぎて痩せ方がわからない方へ【答えはシンプルです】

食べずに運動すれば痩せられる理由

消費カロリーが大きくなれば、体にある脂肪がエネルギーとして使われるのが理由です。

食べてないためエネルギーとなるものがないので体内で使えるものからエネルギーを捻出します。つまり脂肪が減り痩せます。

この方法はかなり強力で、ガリガリに痩せることもできるでしょう。

早ければ1週間、長くても1ヶ月ほどで体重もグッと落ちる可能性があります。

実際に有名人でもこの方法で1週間で7キロの減量に成功した人がいます。

食べないダイエットで痩せた有名人の話

Twiceのモモさんが1週間で7キロの減量に成功したそうです。

「目標の日があったんだけど、その日まで何も食べないでジムに通った」とおっしゃっています。

引用元:modelpress

1週間で食べたのは氷1つだけだったようで、食べないで運動することが痩せることに効果的なのを実証させています。

とはいえこれはKPOPアイドル練習生の過酷な環境で、是が非でも痩せないといけない状況だから彼女は頑張れたのでしょう。

かなり極端な方法で体にはよくないので筋肉も落ちる不健康な痩せ方といえます。

実際には食べる量を制限して運動するのが最適解です。

何も食べずに運動するのはかなり危険な行為なので気をつけましょう。

ガリガリに痩せる方法について詳しくは【簡単】ガリガリに痩せる方法は〇〇するだけで解説しています。

食事量が少ないのに痩せない理由

「思っている以上に食べてカロリーを摂取している」のが理由です。

痩せるか太るかのボーダーラインとなるカロリー数は想像以上に低く、ちょっとしたものですぐ超えます。

僕の経験では、160cm前後の女性の場合だと1日1600kcalぐらいが痩せるか太るかの基準となることが多いです。

1日3食として1食あたり約500kcal程度の計算となります。

コンビニなら下記の内容で大体500kcalです。

  • おにぎり2つ
  • ゆでたまご1つ
  • サラダチキン

思ってるよりも少ないと感じるはず。

別に揚げ物を食べてるわけでも甘いスイーツを食べているわけでもないのに、これだけで500kcalになるのです。

このことから思っている以上に食べてしまっているのがお分かり頂けるでしょう。

食べてないと思っていても実は食べているから痩せません。

痩せられなくて困っている僕のクライアントの話

トレーニングを継続していて体重が減らずに困っていました。

改めて必要なカロリーを計算して、そのカロリーを下回ることが大事であると伝えました。

計算してみると

「納得した。思っている以上に食べてるわ。」と仰っていました。

むしろ本人は食べていない、少ないぐらいの認識だったらしく、余計に体重が減らないのが不思議だったようです。

もちろん体重はただの数字で中身が大事ですが、数値が減らないとツライのは当然です。

とはいえ痩せるためのカロリーがわかったので、食事管理がしやすくなったのも事実。

このように食べていないつもりでも実は食べていて痩せれないってことは十分ありえます。

昼夜逆転・短時間の睡眠は太る原因

生活リズムも肥満に影響するからです。

理由としては体内時計がズレることにより、食欲の抑制が弱くなった結果太ってしまいます。

内容を抜粋して下記に引用します。

ペンシルベニア大学の研究者らが、いくつかある末梢時計のうち、脂肪細胞にある「Bmal1(ビーマル1)」という時計遺伝子(タンパク質)がなくなると、末梢時計の乱れが、脳に影響を及ぼすという研究結果を報告

引用元:日経Gooday

3日間の睡眠時間の短縮には食欲抑制ホルモンであるPYYの減少や、1時間ごとに測定された空腹感の増加などの食欲への影響が明らかになりました。

引用元:早稲田大学大学院スポーツ科学研究科News

睡眠時間の短縮や昼夜逆転が生活リズムに悪影響を与え、結果として食欲抑制ホルモンの減少などに繋がり太ってしまうようです。

だから生活リズムが乱れている人は、痩せるためにはリズムを整える必要があります。

仕事の影響で睡眠不足や夜勤などもあり、朝起きて夜に寝るリズムが取りにくい人もいるでしょう。

そういった人たちも痩せるためにはできる限りリズムは整えるようにするべきです。

特に学生で夜中に起きておく必要がないなら、すぐにリズムを整えましょう。

社会人だと夜勤があるとどうしてもリズムが乱れるのは仕方ありませんが、学生なら夜中に起きておく必要があまりないからです。

むしろ夜更かしでゲームなどが理由として多いと思うので、痩せたいならすぐにでも見直しましょう。

どうしても痩せたいなら

パーソナルジムに通うのが最適解です。

素人1人では痩せるための行動が取れないからです。

痩せるためには「食べずに運動」が必要で、消費カロリーを摂取カロリーよりも大きくする必要があります。

「食べずに運動」とはいえ実際に断食状態は不可能なので、食事管理を徹底して運動するのが大事です。

となると

  • 正しいフォームでの運動
  • 太らないための食事管理
  • 適切な行動の継続

上記の3つを正しく行い続ける必要があります。

正直いうと、ダイエットの知識がない人が「痩せるための環境」を継続するのはかなり大変で難しい。

続けていても

  • この運動であっているかな?
  • やる気出ないからサボりたい
  • 〇〇は食べてもいいかな?

面倒になってやめたくなる状況は常に出てきます。

知識がない状態だと1人だと続かないし結果も出にくい。

だからこそ「痩せないとやばいけど何をしたらいいかわからない人」はプロにお願いをして一緒に頑張る必要があります。

なおパーソナルジムについて詳しくは【無料あり】おすすめのパーソナルジム3店【現役パーソナルトレーナーの僕が厳選】で解説しています。

パーソナルジムは高くてもったいない?

時間を節約して、結果が出るなら払う価値は十分あります。

知識なしの人だと、結果が出ずに時間も浪費して終わることが大半だからです。

確かにパーソナルジムの金額は高額で、簡単に払える金額ではないでしょう。

20-30万も払ったのに、得られるものがダイエットで痩せた自分だから高く感じてしまうのもわかります。

ライザップの代わりになる方法は別記事のライザップが高い?【代わりのジムのおすすめはこれ】でも解説しています。

しかし高いとはいえ結果が出たらもっと好循環が生まれ、結果的に安い買い物になる可能性の方が実は高いのです。

というのも自信がついてアクションを起こしていきやすいから。

恋人を作る場合

  1. 痩せる
  2. 好きな服が着れる
  3. 自己肯定感上がる
  4. 異性にアタックする
  5. 自信があるからモテる
  6. 恋人ができる

このような流れが起きる可能性が高いと思いますよね?

ダイエットに成功した人で、卑屈になっておどおどしている人は少ないでしょう。

となれば、例え金額が高くても払う価値は十分にあります。

詳しくは別記事のパーソナルトレーニングはもったいない?【結論:本質が大事】をどうぞ。

とはいえライザップに高いお金を払って失敗したくないって人も多いでしょう。

むしろムダになるのが怖いからやめたほうがいいって不安になるかもしれません。

ライザップに限らずですが、素直になれない人はパーソナルジムに通っても損する可能性が高いです。

詳しくはライザップはやめたほうがいい?【結論:がんこな人は損します】で解説しています。

運動に慣れたらジムへ通おう

運動習慣が身につけば継続しやすいから。

何をしたらいいかわからないなら、ジムに行っても右往左往して終わる可能性が高いです。

ダイエットを始めるためにジムに入会するのは素晴らしいことで、少しでもがんばれば結果で出てくるのは間違いありません。

とはいえこれは運動メニューを正しく継続してこなし続ける必要があります。

具体的には

  • 筋トレマシンで疲れるまで運動する
  • 負荷をしっかりかける
  • 「1セットだけ」や「しんどくなる前にやめない」

他にもありますが代表的なのは上記のとおりで、ジム初心者だと運動メニューを正しくこなせない人が多いのが現状です。

となると結果が出ないと感じてすぐやめてしまいやすい。

運動習慣が身に付く前にやめてはダイエットできるわけがありません。

むしろまずは運動習慣を身につけることが大切。

普通のジムに通うのは運動習慣が身についてからでも遅くありません。

だからこそプロに指導してもらいながら運動を始めるのも大事になります。

まとめ:痩せたいなら食事量を減らして動くのみ

摂取カロリーを極限まで抑えて、消費カロリーを最大化できれば痩せられます。

1番簡単なのが食べないで運動すること。

この方法なら1週間で5キロ減量もありえます。

ただ実際は筋肉量なども減るのでかなり危険な方法です。

だから実際は食べながら運動するのが最適解。

とはいえ加減が最初は難しいので、まずは消費カロリーを少しでも多くするように意識するのが大切です。

記事内紹介リスト

-トレーニング, 筋トレノウハウ