勉強・資格

【断言】パーソナルトレーナーは未経験・30代でも問題なし【行動力がキモ】

悩んでる人
悩んでる人

パーソナルトレーナーに転職を考えているけど、未経験でもいけるのかな?30代だし失敗はしたくないけど、したい仕事で働けるのは魅力的だしな。意見を聞きたいな。

30代未経験でも、パーソナルトレーナーになれますが、かなりがんばらないといけないことを覚悟しましょう

本記事の内容

未経験・30代でもパーソナルトレーナーになれるお話。

本記事の信頼性

僕は複数の施設でパーソナルトレーナーとして活動しています。

高齢者や運動初心者などさまざまな方を対象に運動指導を行なっています。

フィットネスが浸透してきて、筋トレなど挑戦し始めた人も多いですよね。

そんな筋トレを経て、パーソナルトレーナーへの転職を考えている人が増えているのです。

とはいえ、未経験や30代などの条件が重なって、イマイチ転職に踏み出せないことも多いです。

そこで今回は、未経験・30代でもパーソナルトレーナーになれるのか。

未経験から転職した経験を踏まえて、現役パーソナルトレーナーの僕の考えをシェアします。

本記事を読んでわかること。

未経験・30代でもパーソナルトレーナーになれるというお話。

自分の行動次第で切り開いていける世界です。

ガンガン貪欲に動いていき、売れっ子パーソナルトレーナーになって、ノンストレスで働けますよ。

パーソナルトレーナーは未経験・30代でも問題なし

結論:いけますが、かなりしんどいのを覚悟する必要あり。

すでに活動している人との経験値の差があるので、その人たちよりも2倍3倍努力する必要がありますが、行動次第できちんと挽回は可能です。

とはいえ、これはどの業界に未経験で転職するのも同じこと。

でも、きちんと勉強を行えば大丈夫です。

勉強は必須

僕も未経験からの転職でしたが、勉強して現在はパーソナルトレーナーとして活動しているので不安になる必要なし。

どれぐらい知識がないかと言うと、太もも裏である「ハムストリングス」がどの筋肉で構成されているか言えないレベル。

今考えると、ありえない低レベルですが、そんな僕でも資格のNSCA CSCSを取得し活動できているので、勉強さえすれば問題なし。

むしろそれより意識すべきなのが時間です。

効率よく行動し、時短が必要

経験値の差を埋めるために、効率よく動いて早めに収入を安定させなければいけないから。

特に家庭があればなおさらです。

30代なら家庭がある人も多いので、下積み期間はなるべく短くしたいもの。

とはいえ、経験も不足していれば現場でつかう知識がないので、どうしても時間がかかってしまう。

であれば、勉強しながら働くのが1番効率がいい近道になります。

働きながら勉強できる方法

スポーツクラブなどのジムで契約社員やアルバイトなどで働くこと。

これが1番効率よく勉強しながら働ける方法なのです。

理由はこのとおり。

研修制度がある。

お客様と接する機会がある

研修制度がある

研修制度があるので、未経験であってもマシンの使い方など教えてもらえます。

トレーニングしていたら分かっていることも多いですが、お客様に対しての教え方というのは知らないですよね。

特に初心者に向けての使い方の案内の仕方。

友達や知り合いに向けてとは、変わるのはイメージがしやすいはず。

そういったことも教えてもらえるのが、研修制度の良さです。

お客様と接する機会がある

お客様にトレーニング指導することもあるので、擬似的にパーソナルトレーナーになれます。

何よりメリットは、教える練習ができるということ。

パーソナルトレーナーになるとマンツーマンでの指導なので、伝え方が重要になります。

初心者なので、自分が考えてない動きをすることも多いからです。

しかし、最初からお金をもらってパーソナルトレーナーだと、失敗できないハードルを感じるもの。

なので、ジムスタッフとしての使い方の指導であれば、お金ももらってないのでパーソナル指導の練習に最適なのです。

しかも、そういったマシンの説明などお客様と接していると雑談をすることが増える。

雑談からパーソナルトレーニングの予約を取れることも多いのです。

条件がある場合もある

とはいえ、パーソナルトレーナーとして活動するには資格が必要なことが大半です。

資格がなくても応募できるジムもありますが、数は少ないです。

どこのジムも大体は資格が条件に入っていることが多いです。

有資格者優遇みたいなやつです。

なので、資格を取っておくのがベターです。

パーソナルトレーナーの資格を取るには

資格を取るには主にこの3つが考えられます。

  • 独学
  • スクール
  • 専門学校

この中だと独学かスクールが個人的にはいいかなと思います。

というのも未経験で早めに現場デビューをする必要があるので、専門学校にいって2,3年使う時間はないからです。

しかも学費もかかりますから、お金と時間の両方を消耗します。

なので、独学かスクールの2択が現実的です。

独学とスクールの比較

スクールに通うのが、個人的にはいいと思います。

というのも、資格を取れるのはもちろんですが、現場で使える知識も学べるからです。

ただ、お金も必要になるのがネックです。

とはいえ、専門学校より激安。

専門学校では2,3年で2〜300万とかかかりますが、スクールなら60万前後〜100万とかです。

一見高く感じるかもですが、未経験で現場の知識と資格を手に入れて、比較的早くデビューできると考えればかなり安いです。

しかも、パーソナルトレーニングは単価が高いので2〜3ヶ月で費用も回収できますから。

独学は安いけどハード

僕は独学で資格をとりましたが、正直かなりしんどい。

と言うのも、本当に取れるかもわからないですし、心が折れそうになるからです。

独学だと、参考書や試験費用だけなのでうまくいけば10万程で取得可能ですが、勉強している間は常に不安。

なぜなら、参考書のどこを勉強したらいいかもわからないので、分厚い本全て勉強するなどかなり効率が悪くなるから。

NSCA CSCSの参考書の分厚さは広辞苑並み。

そんな本のすみずみから問題が出るのです。

普通に考えて、心折れます。

しかも、落ちたらその分試験料も追加でかかるので、モチベーションは保ちにくいです。

独学なので、資格の勉強以外の実技なども勉強頼れる人がいないので悲惨。

なので、独学はかなりしんどいので、スクールの方がオススメですね。

僕も資格を取得するときにスクールをしっていたら申し込んでいたでしょう。

参考までにトレーナースクールをまとめた記事を貼っておきますのでどうぞ。

専門学校は?

専門学校は時間もお金もかかるので、オススメではないです。

2〜3年で数百万円かかりますから。

未経験・30代ではすぐにでも現場デビューが必要なので、ここでは選択肢から外れます。

結論:行動力が肝心

とはいえ、結局は自分の行動力が肝心です。

スクールにいっても、独学にしても行動が伴わなければ意味がないですから。

逆に言えば、きちんと行動をとれると資格もとれてパーソナルトレーナーとして活動できるので、がんばって動きましょう。

未経験から転職した僕でも、なんやかんや活動して働けてますから。

動きましょう。

スクールのリンクもこちらに再度貼っておきます。

-勉強・資格