筋トレノウハウ

【保存版】ジムに通うのが面倒で行かなくなる5つの理由と3つの対処法

悩んでる女性
悩んでる女性

ジムに入会したはいいけど、だんだんと面倒になって結局行かなくなって続かない。面倒になる理由と対処法がわかれば、きちんと続けられそう。

この記事ではこのような疑問にお答えします。

本記事の内容

ジムが面倒になる5つの理由

運動を継続する3つの対処法

本記事の信頼性

パーソナルトレーナー歴3年

パーソナルジム 、フィットネスクラブにて活動中

ジムに入会したはいいけど、継続できなくて困ってませんか?

体型を変えるには運動を続ける必要があるのはわかっているとはいえ、なんだかいつもジムに行くのが面倒になってしまう。

その反面ジムに通い続けて、−20kgのダイエット成功や+10kgで筋肉増えたなど、体型を変えている人が多いのも事実。

となると知るべきなのは、続けられる人と途中で面倒になってしまう人の違いですよね。

そこで本記事では、面倒でいかなくなる5つの理由と運動を継続する3つの対処法を解説していきます。

ジムに通うのが面倒で行かなくなる5つの理由

結論:運動するまでに手間がかかるからです。

というのも、移動や準備をしているとモチベーションも下がってしまい、「やっぱり面倒だから行くのやめた」と気持ちの変化が起きやすいのです。

だからできるだけ、運動開始するまでに手間や時間がかからないようにするのが大切。

よくある面倒になる理由はこのとおり。

  • ジムに行く手間
  • 天候
  • 急な予定変更
  • 気分が乗らない
  • 疲れている

思い当たる理由が見つかった方も多いのでは。

1つずつ詳しくみていきましょう。

面倒な理由1:ジムに行く手間

ジムに行く手間があると、どうしても面倒になりやすいです。

近くとはいっても、自転車で10分ぐらいでも遠く感じたりします。

特に会社の近くや、大きい駅の周辺とかだと通うのにも時間がかかる。

自転車はまだいいとして、バスや電車で通う必要があるジムは面倒な気持ちが勝ちやすく、行かなくなりやすいでしょう。

だから、手間がない近いジムはかなりおすすめです。

面倒な理由2:天候

雨や雪、台風など天候が悪いと行きたくなくなります。

これはジム以外でも同じことですよね。

出かけようと思って外を見たら土砂降りの雨。

誰だって「ジムに行くのやめよう」となる方が普通です。

面倒な理由3:急な予定変更

ジムに行こうと思っていたのに、他の予定変更によりいけなくなるパターンです。

いけないのならまだ仕方ないかもですが、行ける時間が短くなってしまうこともありますよね。

例えば、1時間ぐらいジムの時間が取れる予定だったのに、30分しかいけないという状況。

トレーナーの僕としては例え30分でも行って少しでも運動をするのをお勧めしますが、やはりどうしても「もういいか」という諦めが出やすいのも事実です。

これが積み重なると、「結局今月1回もジムに行けてないな」みたいに、行かないことが普通になりやすいから要注意。

面倒な理由4:気分が乗らない

体は元気だけど、やる気が起きないことありますよね。

「ジム行こうと思っていたけど、行くのなんかダルいな」みたいな気持ちです。

解決策としては、こういう場合は単にやる気スイッチが入ってないことが多いので、とにかく運動をスタートしてみるのもおすすめ。

不思議なことに、いざ動き出すとやる気がモリモリ出てきますよ。

面倒な理由5:疲れている

仕事の疲れが溜まってしまっていると面倒になりやすいです。

気持ちとしては、「疲れているのに、なぜまた疲れることをしないといけないのか」という感じ。

でも実は動いた後、疲れも忘れて頭がスッキリするものなのですが、どうしてもそこまでのハードルが高いんですよね。

なので、疲れているとジムに行くのが面倒になりやすいです。

運動を継続するには

結論:運動するまでの手間をなくすのが何よりも大切。

手間が必要ないと、運動したいモチベーションを保ったままスタートできるからです。しかし、準備や移動で長時間必要になってしまうと、気持ちが保てず面倒になってしまいます。

でも実は継続するのに効果的な対処法があるので、意識して行動すると三日坊主になりにくいですよ。

対処法3つ

効果的な対処法3つはこの通り。

自宅から近いジム

考える前に動く

自宅トレにする

どれも簡単なので、1つずつ解説して行きます。

対処法1:自宅から近いジム

自宅から近いと、すぐに行けるからです。

近さというのは本当に最強の条件でして、どんなに短時間でも「サッと行って運動ができる」手軽さがあります。

もしこれが、電車やバスに乗る距離なら絶対に行こうとは思わないでしょう。ましてや短時間だったら余計いかないのが普通です。

とはいえ、「会社の近くに行くから、自宅の近くじゃなくてもいいのでは?」と考える人もいてるでしょう。

僕の意見としては、やはり自宅近くがおすすめ。というのも会社の近くだと手軽さがないからです。

会社の近くということは、運動して疲れた帰りに時間がかかるのも面倒ですし、もし休みの日にジムに行こうと思っても、「会社の近くに行くの嫌だからやっぱりやめとこう」ともなりやすいのです。

だからこそ、自宅の近くのジムは最強におすすめなのです。

対処法2:考える前にジムに行ってしまう

ジムに行くと運動するしかなくなるからです。

面倒な気持ちが出てくると、やらない理由を無意識のうちに作ってしまうもの。

けれど、あれこれ考えてダラダラする前に移動してしまうと、意外にすんなり運動できてしまいます。

ダラダラして行こうか迷っていると、30分や1時間はあっというまに過ぎて「結局この時間で運動できたな」と後悔することも。

なので、サッと動いてしまうことで、実質的には無駄な時間もなくなるというメリットもあるので効果的です。

対処法3:自宅トレにする

すぐに運動をスタートできるので、モチベーションが下がりません。

ジムでも移動の手間が少なからずあるので、近くだとしても手間に感じやすい。

けれでも、自宅ならその場ですぐに始められるので手間なしです。

しかも最近ではオンラインフィットネスが浸透してきているので、自宅での運動のバリエーションも増えています。ヨガやシャドーボクシングや筋トレなど、様々なメニューが用意されているので自宅でも飽きずに運動できるでしょう。

しかも嬉しいことに無料体験できるので、失敗しないのも嬉しいポイント。

もしやめたくなったら、無料期間中にやめてしまえば、お金はかからないので安心です。

詳しくは「無料アリ」オンラインフィットネスのおすすめ3選「自宅でお手軽」で解説しています。

三日坊主でも運動を続けるために【僕が実践したこと】

トレーニング予定を崩さないこと。

スケジュールを組んでやることで、習慣になり続けやすいからです。

僕は今でこそパーソナルトレーナーという仕事をしているので、トレーニングは続けられていますが、もちろん続けるのに苦労した時期もあります。

けれどもこの方法が単純で、効果的だと実感しています。

僕が実践した継続する具体例

例えば月水金でトレーニングする予定なら、予定の変更が出たとしても他の日に運動して、週3日のトレーニング予定を崩しません。そうすることで、運動するサイクルを回せるので、習慣づきます。

運動が続かないのは習慣になってないからなので、最初はきちんとサイクルをこなすことが大切でしょう。

例え30分とかの短時間でもいいので、何か運動をするようにしておくのが大切。

いかに「運動すること」を生活の一部にできるかが鍵です。

まとめ:楽しくなるまでが面倒になりやすい

ジムが面倒で行かなくなる5つの理由と3つの対処法を解説しました。

面倒な理由5つ

  • ジムに行く手間
  • 天候
  • 急な予定変更
  • 気分が乗らない
  • 疲れている

対処法3つ

  • 自宅から近いジム
  • 考える前にジムに行ってしまう
  • 自宅トレにする

しかしどれも根本は手間が必要なのがネックになっていることが多いです。

重要なのは、運動をするのに少しでも取り組みやすいように、手間やハードルを下げることが何よりも大切でしょう。

少しの意識や行動の変化をつけるだけで、運動は継続しやすく楽しくなりやすいですよ。

紹介記事リスト

「無料アリ」オンラインフィットネスのおすすめ3選「自宅でお手軽」

-筋トレノウハウ