勉強・資格

【実例あり】パーソナルトレーナー資格取得の難易度は?【未経験でも安心】

悩んでる人
悩んでる人

パーソナルトレーナーの資格取得したいけど、難易度はどれぐらいなのだろう。専門学校とか通っていない未経験だと、難しいのかな。趣味で筋トレもしているし、知識は多少あると思うけど、どれぐらい難しいのか知りたいな。

パーソナルトレーナーへ転職を考えると、まず思いつくのが資格取得。

勉強すれば取得できそうですが、実際はどのくらいの難しさかわからないですよね。

専門知識になるので、専門学校や体育大学を出ていなければなおさら難しそうなイメージです。

しかも実際はなくてもいいとはいえ、取得はしておいくのがベストなので、どうしたらいいか余計迷ってしまいます。

そこでこの記事では、パーソナルトレーナー資格取得の難易度を解説します。

未経験で取得した僕の実例も載せるので、参考にしてください。

本記事の信頼性

  • パーソナルトレーナー歴3年
  • 未経験からNSCA CSCS取得

本記事の内容

パーソナルトレーナー資格取得の難易度がわかる

 

パーソナルトレーナー資格取得の難易度は?

結論:資格試験は難しい。でも勉強すれば受かる。

勉強の範囲も広く、専門用語など慣れない言葉が多く理解に時間がかかるから。

パーソナルトレーナーを目指したい方で多いのは、やはり筋トレをしている方でしょう。

そういった方はトレーニングが好きで、トレーニング方法や筋肉のつき方など完全素人の方と比べると知識はあります。

しかし、細かい体の動きや体内で起こる細胞やホルモンなどの反応までしらない人も多いです。

ここがわかっているかどうかがプロと素人との境界線です。

こういった内容というのは、今までの学校で学んできた数学や国語とはまた違うものでして、どうしても初めてのことが多く、慣れる必要があるのです。

慣れていないものは言葉など暗号に聞こえますし、どんなものでも難しいものです。

とはいえ、きちんと勉強して慣れれば問題なく資格取得できます。

勉強をきちんとすれば資格試験に受かる

勉強していると、だんだんと専門用語でも理解できるようになってくるから。

最初のうちは暗号のように聞こえるかもですが、何度も目にするたびに言葉の意味を次第に理解できるようになります。

なので何度も繰り返して勉強することが大切になります。

逆に言えば、繰り返さなければ専門用語も理解できずに知識はつかないので注意が必要です。

例え勉強が苦手な方でも、繰り返していけば理解できるはずです。

とはいえ、どれだけ必要なものでパーソナルトレーナーになるには通る必要がある道とはいえ、苦手なものはどうしてもハードルが高く抵抗感があるものです。

そういった勉強が苦手な方はパーソナルトレーナースクールがおすすめでして、試験対策は万全にできます。

しかも、素人からでも即戦力になれる現場で使える知識も学べるのもポイントです。

資格の勉強はどうしても、資格取得がゴールになりやすく知識が偏りやすいですから。

パーソナルトレーナースクールについては別記事でくわしく解説しているのでこちらをどうぞ。

おすすめなパーソナルトレーナースクール

資格を取得した僕の実例

実際に僕は未経験からパーソナルトレーナー資格の NSCA CSCSを取得しています。

この経験から思ったことは、資格試験は簡単ではなく難しかったということ。

僕の場合は独学でしかも上位資格であるCSCSにチャレンジしたというのもありますが、かなり大変でした。

しかも最悪なことに、1発合格ではなく落ちてしまいましたから。

独学だとどうしても、勉強の効率が悪くなってしまいます。

とはいえきちんと勉強をしたことで、資格を取得することができますのでご安心を。

ただ独学で挑戦する人は勉強の難易度が上がりやすいので気をつけましょう。

独学は効率が悪くなる

スクールでは分からなければ、講師に聞けば疑問は秒で解決してすぐに次の問題へすすめます。

しかし独学の場合だと、分からないところの答えは自力で探さないといけません。

この差が勉強効率に直結するので、めんどくささからモチベーションが下がる要因にもなります。

なので、独学をする人は時間がかかる覚悟があるといいです。

もし少しでも楽してスムーズに資格取得したいなら、潔くスクールに通うのが得策です。

独学についての詳細はこちらでまとめてますので、どうぞ。

https://www.longfitnessblog.com/it-is-hard-mode-to-study-getting-certification-by-yourself/

 

パーソナルトレーナー資格のおすすめは「NSCA」

上記の通り。

NSCAは受験条件がゆるく、社会人でも受けやすいからです。

パーソナルトレーナーの資格の種類も多く、メジャーなのはこのあたり。

  • NSCA
  • NESTA
  • JATI

この3つはどれもパーソナルトレーナー資格で有名なので、どれでもOKです。

現場に出ると、資格で優劣はないので極論どれを取っても同じです。

クライアントが「このトレーナーはNSCAだから嫌」とはなりませんからね。

もちろんトレーナー自身の考えなどもあるので、最適な資格もあるかもです。

けれど未経験から資格を取得してパーソナルトレーナーデビューを考えた場合に必要なのはこの2つでしょう。

  • 受験(場所や時間)のしやすさ
  • 比較的取りやすいもの

となれば、できるだけ早く取れて受けやすいNSCAがおすすめなのです。

CPTなら高卒でいけますし、実務経験も不要。受験地も全国のテストセンターどこでもOKなので受験のしやすさは最強です。

専門学校や体育大学を出てなくても大丈夫か

問題なしです。

僕も専門学校や体育大は出ておらず、未経験でしたが問題なく資格を取得できているからです。

もちろん、専門学校など卒業していれば基礎知識などのアドバンテージがあるので、多少は楽です。

けれども未経験でも勉強をきちんとすれば取得できるので問題なしです。

とはいえ、僕も多少は知識あったから受かったんじゃないかと思うかもですが、そうではないです。

僕がどれぐらい無知だったか

太もも裏にあるハムストリングスの詳細が答えられないレベルでした。

半腱様筋、大腿二頭筋、半膜様筋からなる部位の総称なのですが、これが答えられないレベルでした。

トレーニング方法は多少知っているぐらいで、筋肉については曖昧な把握。

パーソナルトレーナーとしては、知識が乏しいにもほどがあります。

なので、このレベルだった僕も勉強してNSCA CSCSを取得しているので、未経験でも問題なしです。

パーソナルトレーナー資格取得の難易度は?:まとめ

資格試験は簡単ではなく難しいです。

専門用語も多く、理解するのに時間がかかりますから。

とはいえ、未経験でもきちんと勉強すれば資格取得は可能。

繰り返しやることで専門用語などにも慣れ、理解できるようになるからです。

勉強がたとえ苦手でも大丈夫ですが、不安ならパーソナルトレーナースクールに通うのが得策でしょう。

未経験でも即戦力になれるように現場での知識も学べ、効率よく勉強できますから。

パーソナルトレーナーになるためのハードルは高いかもですが、やりたい仕事をするのはそれ以上に楽しいので、ぜひ資格取得して好きなことを仕事にしてしまいましょう。

 

紹介した記事リスト

-勉強・資格