仕事内容

【真実】現役パーソナルトレーナーが本音で語る【給料や仕事内容について】

悩んでる人
悩んでる人

パーソナルトレーナーって楽しく自由に働けるイメージあるけど、実際はどうなのかな。激務で給料少ないとか嫌だしな。ギャップは少ないのか知りたいな。

パーソナルトレーニングが浸透してきたおかげで、パーソナルトレーナーを目指す人も増えています。

SNSやネットなどでキラキラしていて、自由に楽しく働いているイメージがあります。

とはいえ、これはその人の話であって、実際に自分に当てはまるのか疑ってしまいますよね。

描いていた理想との差のギャップが大きすぎると、続けるのが難しくやめてしまうことになります。

そうならないためにも、実際はどうなのか。

パーソナルトレーナーの本音で解説します。

本記事の信頼性

  • パーソナルトレーナー歴3年
  • パーソナルジム 、フィットネスクラブにて活動中

この記事を読んでわかること

パーソナルトレーナーのリアルがわかる

現役パーソナルトレーナーが本音で語る:給料について

結論:短時間で稼げる、けれど、手を抜くと給料減るので要注意。

フリーランスだと1セッションの単価も高く、契約によるが1時間あたりの給料は5000円超えることもある。

ただし集客ができていなければ、不安定なので気をつけましょう。

日々の小さな積み重ねがクライアントの離脱を防ぐので、細かい作業は惜しまないようにしないといけません。

とはいえ、会社員とは違い時間に縛られないので、自由なのは間違いなし。

気持ちもラクに楽しく働けるのが魅力。

未経験からでもパーソナルトレーナースクールに通えば活動できるので、おすすめです。

給料の具体例

1時間8000円で70%が報酬とした場合、5600円が報酬になります。

ややこしくなるのでここでは税金は考慮なし。

仮に1日2セッションだけとしても、1万1200円。

前後の準備などいれて、多く見積もっても実働時間3時間以内で1万円超えです。

これを20日続けるだけでも、20万円は余裕で超えます。

もちろん2セッション以上あればもっと増えます。

4セッションすれば単純に倍の40万も狙えます。

なので、短時間しか働かずとも稼ぐことができるのです。

会社員パーソナルは例外

歩合の割合も高くなく、給料は伸びにくいから。

ただセッション数自体は、お店自体が集客してくれることもあり安定しやすい。

なので、トレーニング指導が大好きなら最高の環境といえる。

集客には地味な作業が必要

チラシ配りやSNS発信、クライアントへの声かけなど、常にアプローチしておかないとクライアントが離れる原因になるから。

トップの筋トレyoutuberのような有名な方だと、自然とクライアントが集まるかもですが、基本はこちらからアプローチしないと予約は取れない。

とはいえ、難しいことをしないといけないわけでもない。

代表的なアプローチはこのとおり

  • SNS発信
  • チラシ配り
  • クライアントとの雑談
  • 無料イベントなど

誰でも思いつくようなことですが、集客には重要。

やり方は色々あるので、施設の状況やターゲット層に応じて変化させればOKです。

現役パーソナルトレーナーが本音で語る:仕事内容について

結論:結果を出すために勉強が必須ということ。

なぜなら、治験により論理は日々変化するから。

極端に言えば、今日正しくても明日には逆のことが正しいなんてこともあるのです。

なので、そうならないためにも、日々勉強が必須。

セミナーや本などで常に新たな知識をいれなければいけません。

クライアントの体の状況は千差万別ですから。

マーケティングも勉強しておこう

解剖学やトレーニング技術がすごくても、クライアントを獲得できなければ全て無駄ですから。

よくある誤解が、技術が凄ければ自然とクライアントが増えるというもの。

これはありません。

自分で動かないと獲得は難しいのです。

なので売り方を知っておく必要がります。

僕も技術や知識を勉強しましたが、マーケティングやセールスについても勉強しました。

おかげで雑談やイベントからクライアント獲得できています。

セールスの参考にした2冊

何を読めばいいかわからない人はこの2冊を読めばOKです。

この2冊で雑談の仕方と売り方を学べます。

パーソナルトレーナーはクライアントにトレーニングの必要性を納得させなければいけないので、セールス能力はとても大切。

とはいえ、これは解剖学やトレーニング技術がある人向けでして、これからパーソナルトレーナーを目指す人には、こういったノウハウも含め学べるパーソナルトレーナースクールに通うのが近道です。

別記事でまとめてますのでどうぞ。

自由に働けるけど、地味なことも多い

トレーニング指導以外でも細かな事務作業があるから。

パーソナルトレーナーは一見キラキラして働いているように見えますが、実は地味なことも多い。

特に集客が必須でセールスができないと苦労します。

しかし、一度安定したクライアントがつけば、不安定になりにくい。

そのためには毎日勉強を重ねて、クライアントに還元するという姿勢が常に大事です。

意外に事務作業も多いので、トレーニング指導だけと思っているとギャップがあるので注意です。

とはいえ、フリーランスだと時間も人間関係も自由なので、楽に働ける魅力的なお仕事です。

紹介リスト

-仕事内容