パーソナルトレーナー 仕事内容

【不安解消】パーソナルトレーナーは稼げるのか?【結論:努力が必要】

悩んでる人
悩んでる人

パーソナルトレーナーになりたいけど、お金って稼げるのかな? なりたい仕事になったはいいけど、お金が少ないと生活できないしな。でも、パーソナルトレーナーは稼げそうなイメージあるけど実際はどうなのかな。

このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • パーソナルトレーナーは稼げるかどうかのお話
  • 稼ぎ続けるために必要なこと

本記事の信頼性

パーソナルトレーナー歴3年

フィットネスクラブ、パーソナルジムで活動中

フィットネスが浸透してきたことにより、パーソナルトレーナーになりたい人も増えています。

自由に働けて楽しそうな印象がありますが、実際に稼げるかどうかは気になってしまうポイント。

年収1000万という売れっ子までは難しくても、生活に余裕がある金額は欲しいのが実際のところでしょう。

そこでこの記事では、パーソナルトレーナーは稼げるのか解説していきます。

パーソナルトレーナーは稼げるのか?

結論:稼げない。

なぜなら、歩合制なので不安定になりやすいから。集客とリピートは常に必要で、ここをサボってしまう人は稼げない。

とはいえ、それは現状維持で満足な人の話。

正しくは現状に満足せずに、努力を続けて行動できる人は稼げます。

セッション数を安定さるためには小さい努力を続ける必要があるから。

1セッションの単価も高く、報酬も高いことが多いので、集客とリピートを意識すれば報酬は増えやすい。

たとえ未経験からでも、集客できればすぐに稼ぎ、月収50万超えも狙うこともできるのです。

それでは詳しくいきましょう。

0円でできる、未経験からでも安心な方法

もし未経験から不安であれば、先にトレーナースクールに通っておくのがおすすめ。

ラスタイルアカデミーなら、現役パーソナルトレーナーが講師を務めるので、現場でも使える知識を学べます。未経験でも理解できるように少人数性なので、気軽に疑問も潰せるので、理解できずにつまずくことがないでしょう。

無料で体験できるので、まずは受けてみて疑問を解決しましょう。

>>【ラスタイルアカデミー】無料相談体験はこちら

パーソナルトレーナーの収入例

社員と業務委託でも金額は変わるかもですが、ここではメジャーな業務委託を例に出してみます。

あなたがイメージしている働き方に近いものを参考にしてください。

フリーランス(業務委託)の収入・給料の例

セッション単価×報酬割合×実施本数 

ややこしくなるので、源泉徴収は考えていませんが、おおまかにはこの計算式になります。

具体的にいきましょう

1セッション8,000円で報酬割合が70%で月に100本の場合

8000円×70%×100本=56万円

単価や報酬率は地域や契約内容によって変わるので、同じとは言えませんがこんな感じでしょう。

単純に20日稼動で1日5本のセッションを実施できればOK。これで時間も短く、効率よく稼ぐことができます。

とはいえ、クライアントの予定などでイレギュラーが発生しやすく、月の実施本数は簡単に変わってしまいます。

なので、不安定になりやすい。そのリスクを少しでも抑えるためにも常に集客やリピートをあげる対策は必要になります。

パーソナルトレーナーの年収は青天井

イベントなども行えるから。

要はグループレッスンを実施するのです。よくあるのは、美脚美尻トレーニングイベントとか。

これなら1度に複数名の方をトレーニングできるので、かなり効率よく稼ぐことが可能。例えば参加費が1人5000円で10人集まれば、5万円の売り上げで、経費を除けば全て収入です。

有名な方の広告をSNSなどで見たことがあるかもしれませんが、まさに同じこと。

特に有名な方は午前午後の2部制だったり、参加費も1万円近かったりするので、あなたが真似をするのはハードルが高く感じるかもです。

でもこれは、あなたの環境に合わせれば問題なし。

フィットネスクラブなどで応用した収入例

参加費を1000円など、参加しやすい価格帯に合わせて、メニューも30分間腹筋トレーニングのようにすれば、参加者は集まります。

価格帯やメニューは一例ですが、これだけでも十分に収入を底上げすることが可能でして、10人集めるだけでも1万円の売り上げです。30分のトレーニング指導で売り上げが1万円で高効率。

これを月に数回実施するだけでも、かなり稼げます。

その施設ごとに需要は変わるので、見極める必要がありますが、難しいことではありません。

集客の仕事をサボると年収が落ちる

集客やリピートを怠ると、稼げません。

個人事業主だと自分で行う必要もありますが、フィットネスクラブやパーソナルジムが行ってくれる場合もあります。

ただし、大体は自分自身で集客が基本。なので、集客方法をいくつか持っておくといいです。

具体的にはこのとおり

  • 無料イベント実施
  • チラシ配り
  • SNS配信
  • 集客サイトに登録

どれも簡単なことではありますが、やはりしているしていないの差は大きい。

無料イベントだと、お金にならないので嫌な人も多いかもですが、無料だと人が集まりやすく実は効果的。

認知してもうらうのは何より大切です。

ダイエット講座や腹筋プログラムなどやり方は色々あるので、状況をみながら実践しましょう。

収入を増やすノウハウを知るには

より具体的に知りたいなら、パーソナルトレーナースクールに通うのが最適です。

現役のパーソナルトレーナーが講師なのですが、数千万円の売り上げを上げている方だったりするので、売り上げを伸ばすやり方を知っています。しかもこの知識技術は教科書にはなく、講師の経験から得たノウハウなので、ここでしか学べません。

特に未経験からだと、ベースは真っ白なところから知識を取り入れられるので、変にアレンジしないので再現性は高く、すぐに稼ぐコツはつかみやすいでしょう。

パーソナルトレーナースクールについては【無料あり】おすすめのパーソナルトレーナースクール【未経験でも資格取得できる】で詳しく解説しています。

すぐにでもパーソナルトレーナーになって稼ぎたいなら、無料体験もやっているので、今すぐすぐにでも申し込むと時間をムダにしなくて済みますよ。

パーソナルトレーナーで社員かフリーランスか

自分にあった働き方を選ぶのが正解。

とはいえ、どちらもメリットデメリットがあるので、きちんと把握しておきましょう。

社員・フリーランスでのパーソナルトレーナーのメリットデメリット

まとめるとこの表の通り。

メリットデメリット
社員集客が安定しやすい給料が伸びにくい
フリーランス集客が安定しにくい給料が伸びやすい

簡単にいうと、社員は安定している分、給料が伸びにくい。対してフリーランスは安定していない分、給料が伸びやすい。

要は安定を取るか、稼げる可能性を取るかのどちらがいいかです。

詳しくいきましょう。

社員パーソナルトレーナー

集客はお店や施設が行ってくれるので、集客が安定しやすい。

なので、パーソナルトレーニングの仕事が大好きなら、セッション数が多くできる環境。

とはいえ社員なので、給料は伸びにくい。

セッションの手当てはあったとしても、そこまで大きくはないでしょう。

フリーランスのパーソナルトレーナー

集客は自分で行うのが基本なので、安定しにくい。

でも、その分拘束時間も短くなりやすく自由に働けるのが魅力。

集客も安定さえすれば給料は青天井で伸びるので、行動次第。

なにより好きなように自由に働けるのが、フリーランスの魅力でしょう。

契約社員とフリーランスの掛け持ちでジムで働いた実体験

かなり忙しく大変。なぜなら、ジムの勤務+パーソナルトレーナーなので、実働時間が長くなるから。

ジムの仕事もしながら、パーソナルトレーニングも実施します。要は社員とフリーランスのハイブリッドのイメージ。

移動時間はないのでいいのですが、シフトの関係もあり予定が組みにくく、シフト前後になりやすい。そうなるとどうしても実働時間は長くなり、体力的にもしんどさは否めません。

とはいえ、お金面ではメリットもある。

契約社員なので福利厚生を受けながら、給料は安定する。そこにパーソナルトレーナーの報酬なので、お金は安定して稼ぎやすい。

なので一概にダメとは言い辛いですが、こういった働き方も参考になればいいなと思います。

特に僕みたいに未経験から転職する人は、ジムで働くのもいい選択肢の1つです。

まとめ:努力次第でパーソナルトレーナーは稼げる

パーソナルトレーナーは楽して稼げると考えている方は稼げません。

トレーニング指導だけのイメージがあるかもですが、実際はそうではなく集客など地道な努力が必要不可欠。

なので、これをサボってしまう人は稼げません。

逆をいえば、「どうすればいいか」を考えて動ける人は稼げます。

パーソナルトレーナーはマンツーマンのトレーニング指導は基本のスタイルですが、それ以外のやり方もあるので、うまく活用していきましょう。

とはいえ、パーソナルトレーナーになれるか不安な方はパーソナルトレーナースクール に通うのがいいでしょう。

こういった、教科書に載っていないような方法も学ぶことができるので、使った費用はすぐに回収できます

サクッとパーソナルトレーナーデビューして、どんどん稼いでいきましょう。

紹介リスト

-パーソナルトレーナー, 仕事内容