パーソナルトレーナー 仕事内容 勉強・資格

パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つ【失敗を避ける】

※アフィリエイト広告を利用しています。

悩んでる人
悩んでる人

パーソナルトレーナーへ転職したいけど、転職前後ではどういった変化があるのかな。職種が全然違うから、どういった違いがあるのか把握できると不安も無くなるんだけどな。

このような疑問を解決します。

本記事の内容

パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つのお話

本記事の信頼性

パーソナルトレーナー歴5年

未経験からパーソナルトレーナーへ転職して活動中

「パーソナルトレーナーへ転職したい」と思っても、転職前後でどういった変化が起こるかわからずに不安になりますよね。

現職と違うから今と同じようにいかないのもわかるでしょうし、サービス業なので平日仕事のサラリーマンと違うのもイメージできるでしょう。

これぐらいは想像できるとはいえ、もう少し具体的にどう変わるかが知れると、転職後のために準備もできて不安も減る。

そこでこの記事では、パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つを、僕の転職した経験を元に解説します。

スクールなら転職サポートがあるので、未経験でも安心

パーソナルトレーナーへ転職するにはトレーナースクールに通うのもおすすめ。

未経験からでも知識をつけられるのはもちろん、卒業後の就職サポートもあるので、スムーズに転職可能。

後ほど解説しますが、先にスクール について詳しく知りたい方は別記事の【無料あり】おすすめのパーソナルトレーナースクール【未経験でも資格取得できる】をどうぞ。

詳しくみていきましょう。

パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つ

  • 働き方
  • お金
  • 人間関係

上記の通りでして、この3つの変化を知っておけば、転職後に失敗をすることも避けられるでしょう。

1つずつ深掘りしていきます。

パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つ:働き方

正社員(アルバイト)かフリーランスで働くスタイルになります。

というのも、未経験だとノウハウが何もないので、指導やクライアント獲得などかなり大変だから。

パーソナルトレーナーとして活動できる状態になったとしても、現場の経験値が無いので、まずはアルバイトや就職になるでしょう。

最初からフリーランスはできなくはないですが、クライアント獲得のハードルが上がり大変。

なので、まずは正社員やアルバイトを経験して、お客様を捕まえてからフリーランスが多い流れです。

未経験歓迎のジムで働く

未経験でも基礎から知識を身につけられます。

即戦力を求めるようなジムだと、入れないことも多いでしょう。しかし、未経験でも歓迎しているようなジムなら、働きつつ知識を身につけることが可能です。

ジムには研修で、マシンの使い方や教え方などを学ぶことができるから。

未経験だと、意外に人に使い方を教えるのは難しいので、入会者に対しての使用方法の説明は勉強になりますよ。

しかも嬉しいことに、利用者と話す機会が増えると、パーソナルトレーニングの有料セッションにつながることも多いのです。

何気ない雑談からでもチャンスは転がっています。

そして求人を応募する際は、あなたのパーソナルトレーナーとして働くイメージに合うジムでいいでしょう。

ざっくりですが、ジムではこのような傾向があります。

  • パーソナルジム→若い男女でボディメイク系
  • フィットネスクラブ→中高年で健康維持系

もちろん、パーソナルジムに中高年層の方もいますし、逆にフィットネスクラブにも若い人もいます。

傾向としてこのようなイメージなので、この人たちしかいないわけではありません。

もし仮にあなたがボディメイク系を専門としてパーソナルトレーナーとして活動したい場合、ターゲットが少ないジムを選んでしまうと「やりたいことができない」ことにも繋がります。

その逆も然りなので、やりたいことをできるジムをまずは選ぶのがとても重要です。

まずは正社員もアリ

最初から完全な業務委託である、フリーランスで働くのはかなり大変なので、安定して給料を得ながら働けるのは、精神的にも余裕が出ます。

業務委託のパーソナルトレーナーは頑張る分だけ報酬が増えるのが魅力のポイント。

けれども、安定したクライアントが付くまでは、報酬が0に近いことも十分にあり得ます。

努力次第ではありますが、固定の施設がない完全なフリーランスとなると本当に不安定。

ある程度の安定を保ちながら、パーソナルトレーナーとして活動したいなら、正社員として働くのが安心です。

ただこれにもデメリットがありまして、正社員である以上、不要な作業まで行う必要が出てきます。

フィットネスクラブなのか、パーソナルジムなのかなど、施設の設備でも変わりますがこのような感じ。

  • POP作成などの事務作業
  • プール監視
  • 子供のスクール仕事

入ったジムによっては、上記のような仕事をしなければいけないでしょう。

正社員だと安定が増しますが、パーソナルトレーナーとしては不要な仕事も増えるので、どちらに割り切るかも考えておくべきでしょう。

正社員から業務委託(フリーランス)へ

1番多い王道パターンでしょう。

最初からフリーランスというよりは、ベースとなる施設を持っている方が多い。利用者と接する機会が増えるので、有料セッションにも繋げやすいです。

ある程度すると固定のお客様も付くので、そのまま別の施設に引き抜くこともあります。

ただ引き抜きは施設と問題になりやすいので、やり方などは要注意。

パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つ:お金

正社員と業務委託のフリーランスで報酬額が変わりまして、このとおり。

月のお金稼げる金額
正社員安定上がりにくい
業務委託(フリーランス)不安定頑張った分だけ上がる

上記の通りでして、安定を取るのかどうかで、収入は大きく変わるのです。

フリーランスなら稼げるとはいえ、頑張らないと増えないので、ダラけてしまう人は要注意ですね。

業務委託なら短時間でも月給は増やせる

フリーランスの特権ですが、イベントなどを行うことにより効率よくお金を稼ぐことが可能なのです。

例えば、イベントレッスンで30分の腹筋トレーニングとした場合。

参加費を設定して、10〜20人など参加者を集めれば、1セッション以上の報酬を30分で稼ぐことができる。

仮に1500円が参加費として、15人集めたら22,500円の売り上げで、手数料で50%持って行かれたとしても、11,250円の利益。

30分でこれだけ稼げるので、同日に2回や月の別日に実施すればそれだけ報酬額が底上げされます。

やり方は様々ありますし、施設によってもルールが違うでしょう。

ただ実施できるならかなり効率がいい方法でして、正社員だとできないことも多いので、業務委託の特権です。

パーソナルトレーナーへ転職したい方が知るべき変化3つ:人間関係

正社員も業務委託のフリーランスも、あなた1人で活動しているわけではないことを理解しておきましょう。

というのも、周りのサポートがあって固定のお客様は増えることも多いから。

ジムでは毎日のように入会者がいますし、あなたがジムで活動している間に会える人の数は限られます。

となると、必然的にあなたがいない時にも宣伝してもらえる方が得ですよね。

特に業務委託だと1人で仕事をしている感覚が強くなりやすいのですが、絶対周りの方のサポートがあるのです。

ジムスタッフや利用者と仲良くしておく

仲が良いと、紹介してくれることがよくあります。

あなたがジムで声かけ営業をするのもいいのですが、第三者を通して紹介してもらうことで、信頼してもらいやすい。しかも、あなたがいない時にも営業活動が行えるのと同じです。

赤の他人からより、仲のいい友達からの「おすすめの人ならいいかな」と思いやすいですよね。

スタッフと仲良いなら、入会者に対して、「このトレーナーがオススメです」と言ってもらえたり、体験なら優先的に予約を入れてもらえたりすることもあるのです。

これでクライアント数が増えたら、ありがたい限りですよね。僕も実際にクライアントやスタッフから紹介や優先的に予約入れてもらった人が固定客になった経験は何回もあります。

何かしてもらえたら、レッドブルをあげたりすると喜んでもらえるので、こういった小さいお返しもしておくと良好な関係を維持できますよ。

なので、スタッフやジム利用者とは仲良くしておくのがベストなのです。

パーソナルトレーナーに転職するなら、できることからはじめよう

確実に必要になることから始めれば、無駄にもならないし、転職失敗するリスクも抑えられます。

すぐに仕事を辞める必要はありませんし、続けてもいい。まずはどう行動するべきか考えながら行動するのが最適解。

オススメは必須の知識勉強すること。具体的には筋肉を覚えたり、資格試験の勉強などがハードルが低いでしょう。

これなら、仕事も無理なく続けられますし、転職後も無駄になることがない。

勉強を続けていくことで、もし「違うな」とか感じたなら、転職をしなければいいので、失敗するリスクもありません。

とはいえどう勉強したらいいか、ザックリしすぎて分からない方もいてるでしょう。

そんな方は、僕がパーソナルトレーナーの知識勉強する時に役に立った本を、別記事の【安心】パーソナルトレーナーの勉強に役立つ本6選【知識0からでもOK】でまとめていますのでどうぞ。

パーソナルトレーナーへ本気で転職するなら

仕事もそこそこでやめて転職する決意が固まっているなら、パーソナルトレーナースクールに通うのが最適解。

というのも未経験からでも、必要な知識を時間をかけずに学ぶことができるから。講師は数千万売り上げる現役パーソナルトレーナーなので、教科書には載ってないノウハウを学ぶことができます。

独学で資格を取得して、パーソナルトレーナーとして活動するのもいいですが、ノウハウがないので現場に出てから困ることも多いのです。

スクール卒業後も就職サポートもあり、スムーズに転職できるので、求人を探すのに苦労することもないので安心。

無料で体験もやっているので、まずは申し込んで受けてみると、悩みもなくなるのでいいでしょう。

詳しくは【無料あり】おすすめのパーソナルトレーナースクール【未経験でも資格取得できる】で解説しています。

個別のスクール評判については別記事のASPトレーナースクールの評判【結論:未経験でパーソナルトレーナーになれる】をどうぞ。

東京のパーソナルトレーナースクールについては【厳選】パーソナルトレーナースクール東京校7つで解説しています。

まとめ:3つの変化を知っておけば転職後も困らない

再度変化をまとめると下記の通り。

  • 働き方
  • お金
  • 人間関係

この3つが会社員時代とはかなり変わるので、気をつけておきたいポイント。

ある程度はイメージできるかもですが、詳しくイメージできないことも多いと不安になるので、この3つを知っておくだけでも安心です。

まずは筋肉を覚えたりすることから始めると、転職失敗のリスクを抑えながら準備ができるでしょう。

もしパーソナルトレーナーへ転職する決心なら、トレーナースクールに通うのも良い選択肢です。

1番よくないのは、悩んで何も行動しないで時間を無駄にすることだと思うので、小さなことからでも動いていきましょう。

記事内紹介リスト

-パーソナルトレーナー, 仕事内容, 勉強・資格