パーソナルトレーナー

自由に働きたいなら行動しよう【パーソナルトレーナーになった例で解説】

悩んでる人
悩んでる人

会社員として仕事してるけど、上司も取引先にもペコペコしないといけないから、ストレスたまるな。もっと自由に働きたいけど、正直転職する勇気もないな。自由に働いている人は色々悩んだりしたのかな。

このような疑問を解決します。

本記事の内容

自由に働きたいなら行動しようというお話

本記事の信頼性

パーソナルトレーナー歴3年

パーソナルジム 、フィットネスクラブにて活動中

会社に属して働くと、どうしても上司や取引先などにはあなたが嫌でもペコペコしないといけないですよね。

あなたが心から「ペコペコしたい」と思っていれば話は別ですが、実際そんなことはなくただただストレスが溜まるだけ。

できればそんな人間関係を気にせず、自由に働きたいと思うことでしょう。とはいえ、仕事を変えるのも勇気が必要だし抵抗感があるもの。

なのでこの記事は「自由に働きたいけど、悩んでいる方」や「転職する勇気がない」という方向けに、会社員からフリーランスのパーソナルトレーナーに転職した僕の経験を元に「自由に働ける仕事に転職したらどうなのか」書いていきます。

「転職するかどうか」、「好きなことを仕事にするべきか」など仕事のキャリア形成で悩んでいる方は参考になるはずなので、最後まで是非ご覧ください。

では、早速いきましょう。

自由に働きたいなら行動しよう

結論:行動しないと、何も変わらないから。

むしろ、少しの行動で環境・状況は変えることができます。だからあなたの理想として「自由に働きたい」があるなら、小さいことからでもチャレンジすべき。

嫌な上司や会社に拘束されることなく、自由な環境で好きなように働けるのはストレスがなく、快適そのもの。

無駄な飲み会、接待、目上の人にペコペコ、これらが全て不要です。

ストレスが溜まりすぎてるなら、勇気を出して行動すると毎日が楽しくなりますよ。僕も未経験からパーソナルトレーナーに転職しましたが、後悔なしで毎日楽しく仕事に取り組めています。

いい意味で、仕事をしている感じがないのでストレスなく最高。なので、悩んでいるなら少しの勇気を出して現状を変えていきましょう。

趣味(好きなこと)を仕事にするのは最高

全て自分の思い通りに行動できるので、ストレスとは無縁で快適です。

しかも、嫌な上司や会社に決めてもらうのではなく、あなたが好きなように仕事を進められるので、自分自身の仕事の成果も感じやすい。

会社だとどうしても、歯車の一部の感覚が嫌な人も多いなず。でも、そんな感覚はなく、「自分で動かしている」という感覚で仕事をこなせるので、やりがいも十分です。

頑張ったら頑張った分だけ返ってくるので、仕事のモチベーションも上がります。

僕も実際に体験しているので、具体的に解説します。

未経験からパーソナルトレーナーになった実体験

好きな仕事に変えてから、自主的に家でも仕事のことを考えるまでに。

僕は新卒で医療系の営業マンとして就職。福利厚生などの待遇や給料などのお金、上司や同期など嫌な人がおらず、環境としては十分すぎる程でした。

とはいえ、毎日する仕事内容が嫌でたまらなかったのです。

嫌だった仕事内容

  • 接待
  • 医者相手にペコペコ
  • 休みの日も仕事のメールや電話対応
  • 毎週2~3日の出張

上記の通りでして、いかにも営業マンというような仕事内容。もちろん「これぐらいで、弱音吐くなよ。」と思うかもですが、どうしても僕の中では「仕事だから仕方ない」と割り切ることができなかったのです。

会社のお金とはいえ、接待して料金を払うのは僕なのに、相手にペコペコしないといけないのが謎すぎて、ストレスしか感じない。

どうせ嫌なことをがんばるなら、「自分の好きなことのために動いて嫌なことを我慢する方がいい」と考えて、筋トレが好きだったのでパーソナルトレーナーを目指すことにしました。

自由だから働いてる気は無し

常に仕事のことを考え、行動するようになりました。仕事している以外の時間でも関係無し「明日仕事か。。。」ではなく「明日の〇〇のために準備しておこう」となるのです。

1ミリも考えたくなかったはずの仕事を、自ら進んで行うように。

営業マン時代は「明日から仕事か」とか「9-18時の間だけ連絡して」とか思っていまして、極力仕事のことを考えなくていいようにしたかったのです。とはいえ、医療系の営業マンなので、いつ病院からトラブルの連絡がくるかわからないから。

休みの日でも、仕事用のスマホは持ち歩くような感じで、切り離したくても切り離せない状況なのです。

しかし、好きな仕事であるパーソナルトレーナーになると、真逆の行動取っていました。

休みの日でも、セミナーにいって勉強したり。

仕事終わりでも、クライアントの気になるものがあれば、調べたり。

クライアントと連絡も取って、相談事にのったり。

このように自分の時間でも、仕事のための準備などを行うようになったのです。とはいえ、好きなことなので、仕事をしている気はゼロ。働いたなんて、微塵も思っていません。

生きていくのに、必要不可欠な仕事で、働いている気がゼロなのは、反則技レベルでしょう。

リミッターをかけているのは自分自身かも

失敗するのが怖くて、「何も行動しないこと」を理由をつけて肯定してしまうことも多いでしょう。でもこれって、あなたの気持ちの問題だったりします。行動すれば、「意外に簡単だったな」と思うこともあるのです。

なので、全ての経験は役に立つので、まずは小さいことから始めるべき。

好きなことで副業する。詳しく勉強する、資格を取得するなどなど。すぐにできることはいくらでもあります。実際に僕も転職する際に、最初に資格や筋肉の本を買って勉強をはじめていました。

このような行動をとることで、失敗のリスクを抑えながら行動できます。

一気に転職だと、失敗のリスクもあるので、まずは副業からでもスタートすると、好きなことでお金を稼ぐ感覚が身につき、本業へシフトしやすい。

スクールを活用すればいい

便利なことに各分野にはスキルを学べるスクールがあるので、通うことで最短距離でスキルを身につけることが可能。

例えば、具体的には僕はパーソナルトレーナーになったので、パーソナルトレーナースクールとかがぴったりでした。

【無料あり】おすすめのパーソナルトレーナースクール【未経験でも資格取得できる】でまとめているのですが、未経験でも問題ありません。なにか行動を移す最初の一歩にぴったりですよね。

このようなスクールを活用すれば、未経験でも怖くありませんし、失敗もしにくいでしょう。

もしもの転職でもエージェントが多いので安心

とはいえ、スクールに通わずにスキルを活かして転職もありでしょう。

最近は転職エージェントも数が多く、新たな仕事も見つけやすいです。

転職エージェントリスト

このように種類も多いので、気になるエージェントが必ず見つかるでしょう。なので、不安になる必要はなしです。

まとめ:自由に働くために行動するなら今が最良の時

今このときが、1番人生で若いから。

転職も年齢が上がれば、難易度が上がってしまう。だから先延ばしにするのはよくない。

仕事をどうするか決めるのは自由とはいえ、自由に働くためのいい条件は自然と整いません。

だから、あなた自身で資料請求や体験など、できることから始めるのが大切なのです。

そこを乗り越えた先には、自由でストレスフリーな働き方が待っているでしょう。なので、まずは会員登録など今すぐにできることから初めてみてください。

紹介リスト

-パーソナルトレーナー